黒猫モチーフに魔よけのお守り、猫好きの心つかむ…愛媛・宇和島市

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

黒猫をモチーフにしたお守りとモデルになったヤミ(愛媛県宇和島市の三島神社で)
黒猫をモチーフにしたお守りとモデルになったヤミ(愛媛県宇和島市の三島神社で)

 愛媛県宇和島市長堀の三島神社が、黒猫をモチーフに魔よけのお守りをつくり、猫好きの心をつかんでいる。

 モデルは推定4歳の黒猫ヤミ(雌)。4年ほど前、神社の鳥居そばで弱っていたところを越智基安宮司(41)が保護し、神社で飼っている。

 黒猫は暗闇に潜んで目を光らせ、悪い魔をはらうとされる。お守りは黒地に金色の糸によって黒猫の光る目を描いたデザインで、妻(31)が考案。神社の公式ツイッターで紹介すると、遠方から問い合わせが相次ぎ、贈り物としても好評という。

 初穂料は500円。問い合わせは三島神社(0895・22・2042)。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1475631 0 社会 2020/09/14 12:26:00 2020/09/14 13:12:44 2020/09/14 13:12:44 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200913-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)