福島第一原発、高さ最大16mの防潮堤を2か所新設…東京電力

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京電力は14日、福島第一原子力発電所に高さ最大約16メートルの防潮堤を、2か所新設すると公表した。日本海溝沿いで巨大地震が起きた場合、津波の想定が建設中の防潮堤を上回ると推計された。2023年度末までに建設する。

 同原発建屋には高濃度汚染水があり、津波の引き波による海洋流出が懸念される。国の検討会が4月、津波の想定を公表し、東電は対応を検討していた。

 東電の試算によると、同原発の東側で津波高が最大14・1メートルになる。このため、今月末に完成予定だった防潮堤(海抜約11メートル、延長約600メートル)の海側に、海抜最大約15メートルの防潮堤を同じ長さで設置する。南東側では、最大津波高が推計15・3メートルで、仮設防潮堤(海抜最大約12・8メートル、延長約400メートル)を超えるため、同じ長さで海抜最大約16メートルの防潮堤を設置する。詳細な設置地点は未定だ。

無断転載・複製を禁じます
1477204 0 社会 2020/09/14 23:34:00 2020/09/15 00:40:33 2020/09/15 00:40:33

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ