河井前法相、6人の弁護人全員を解任…公選法違反の審理が止まる可能性

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年7月の参院選を巡る大規模買収事件で、公職選挙法違反(買収、事前運動)に問われ、東京地裁で公判中の衆院議員の河井克行・前法相(57)が15日、6人の弁護人全員を解任した。克行被告の公判は、迅速な審理が求められる「百日裁判」で行われているが、新たな弁護人が選任されるまで審理が止まる可能性が出てきた。

無断転載・複製を禁じます
1478857 0 社会 2020/09/15 16:32:00 2020/09/15 17:28:10 2020/09/15 17:28:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ