読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

内定取り消しの学生174人、6割がコロナ影響…100人超は11年度卒以来

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は15日、採用内定を取り消された今春卒業の学生が、8月末時点で174人に上ったと発表した。100人を超えたのは2011年度卒以来。約6割(104人)が、新型コロナウイルス感染拡大の影響とみられるという。

 内訳は高校生42人、大学生ら132人。産業別では、旅行会社を含む生活関連サービス・娯楽業が42人で最も多く、28人の内定を取り消した会社もあった。卸売り・小売業が40人、宿泊・飲食サービス業が20人と続いた。

 入社時期をくり下げられた学生も1210人確認された。このうち1184人はその後、入社したが、ほかは内定を取り消されたり、入社を辞退したりするなどした。

無断転載・複製を禁じます
1479560 0 社会 2020/09/15 20:30:00 2020/09/16 05:28:58 2020/09/16 05:28:58

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)