ハンセン病入所者389人の遺体、「医学研究」で解剖…熊本の療養所調査

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国立ハンセン病療養所・菊池恵楓園(熊本県合志市)で、1911~65年に死亡した入所者約2400人のうち、少なくとも389人の遺体が「医学研究」の名目で解剖されていたことが、園の調査でわかった。医学的な資料はほぼ残されておらず、園は調査報告書で「不本意な献体を余儀なくされた入所者に申し訳ない。人権を軽視していたとのそしりは免れない」とした。

 解剖されたのは、身元がわかっているだけで計389人。身元が特定できない人を含めると計479人に上った。うち5人は新生児や死産児だった。1936~58年には入所者に対し、「医術研究ノ一助」などとして、死後の解剖を承諾する「解剖願」を提出させていたことも判明した。

 国が有識者らに委託して設置した「ハンセン病問題に関する検証会議」が2005年にまとめた最終報告書によると、解剖は遅くとも1920年頃には始まっていて、全国の半数以上の療養所で80年頃まで死亡したほぼ全員を対象に続いた。

無断転載・複製を禁じます
1479677 0 社会 2020/09/15 21:19:00 2020/09/15 22:02:08 2020/09/15 22:02:08

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ