マスク外しておしゃべりに夢中、女性従業員ら至近距離に「店も客も対策徹底を」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染者が茨城県内で初めて確認されてから、17日で半年となる。6月20日以降の感染第2波では、「夜の街」関連の感染が相次いだ。「気が緩んでいた」。県内の店を利用した後に感染が判明した20歳代の男性は当時を振り返り、「店は感染対策を徹底してほしい。客もマスクの着用などを徹底すべきだ」と話した。

 「久しぶりに行くか」。今夏の夜、県内の繁華街で知人と偶然に会い、飲食店を訪れた。軽い気持ちだったという。

 店では酒を飲みながら、女性従業員らと話をした。3人ほどの客が1組と、従業員が2人ほどいるのが見えた。「店内は『密』ではない」と感じた。

 ただ、検温や手指の消毒などを促された記憶はない。「飲み食いが続いたり、しゃべったり、夢中になってしまった」。従業員は至近距離に座っていたが、気にならなかった。来店時に着けていたマスクも、いつの間にか外していた。

 約1週間後、店の従業員や客に感染者が相次いでいることを知った。夜には37・5度の熱が出た。「まずいんじゃないか」。保健所に電話し、PCR検査を受けた。結果は陽性。「どうすればいいのか。悪化するのではないか」。不安になった。

    ◎

 保健所からは入院の準備をするよう求められた。しかし、受け入れ先の病院が決まらない。せきなどの症状もなかったことから自宅療養となった。

 はじめの1週間ほどは毎日、保健所から体調を尋ねる電話が入った。「人に会わないでください」「外出しないでください」。そう指示された。

 数日で熱は下がり、症状はなくなった。「今日は何しようかなと。毎日、同じことの繰り返し」。ストレスがたまった。一人暮らしの自宅で、資格の勉強や筋トレをして過ごした。ペットボトルのお茶や卵など、食料品の買い出しを親に頼み、ドアノブにかけてもらって受け取った。

 2週間が経過し、保健所に連絡を取ると、「体が弱っているから」との理由で、さらに1週間療養するよう指示された。結局、仕事に復帰するまでに計3週間を要した。

    ◎

 店に出入りしていない友人も、同時期に感染した。自分よりも症状が重く、回復までの期間が長引いたと聞いた。「同い年でも症状が違う。自分は軽くて良かったが、重症化したかもしれないと思うと怖い」と語る。

 「店と友人、どちらから(ウイルスが)来たかわからない」。そう前置きしたうえで、「店に行くなら、(従業員らとの)間隔をあけ、極力マスクをつけるべきだ」と強調する。

 「今は羽目を外す気にはなれない。何でも控えるというのも良くないが、対策をちゃんとしていない場所には行きたくない」。感染を経験し、心に決めたという。

無断転載・複製を禁じます
1481445 0 社会 2020/09/16 12:36:00 2020/09/16 12:57:48 2020/09/16 12:57:48

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ