LINEペイで不正引き出し、被害者の身近な人物か…メルペイでも被害確認

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ゆうちょ銀行と連携する電子決済サービス事業者で不正利用が相次いでいる問題で、フリーマーケットアプリ大手「メルカリ」傘下のメルペイと、LINEペイでも被害が確認されたことが16日、明らかになった。両社とも被害者には全額補償する方針だ。

 メルペイは16日、ゆうちょ銀行の口座とひも付けている利用者で、3件の不正な引き出しがあったと発表した。被害額は約50万円に上る。今年8月以降に被害が発生しているという。

 NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を悪用した不正利用問題と同様に、被害者と無関係の第三者による犯行とみられている。

 LINEペイも16日、ゆうちょ銀利用者で2件の不正利用があり、被害額は約50万円に及ぶと公表した。こちらは2件とも、被害者の身近な人物による不正の可能性が高いという。

無断転載・複製を禁じます
1481714 0 社会 2020/09/16 14:03:00 2020/09/16 16:47:37 2020/09/16 16:47:37

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ