原発事故で賠償請求、福島県が東電を初提訴へ…対応職員人件費など9254万円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福島県は16日、東京電力を相手取り、福島第一原発事故の対応で生じた職員の人件費など9254万円の損害賠償請求訴訟を起こすことを明らかにした。10月にも福島地裁に提訴する。原発事故による損害賠償を求め、自治体が東電を提訴するのは全国で初めて。県は18日開会の県議会9月定例会に関連議案を提出する。

 県は2011~15年度に正規職員350人の削減を計画していたが、原発事故後、放射線や除染対策などの専門部署を新設するなどし、職員は増えた。「行政改革の成果が得られず、損害を受けた」としている。

 県は東電に対し、これまでに放射線対策など191億5293万円の賠償を請求し、既に107億円が支払われている。このうち17億円余りは裁判外紛争解決手続き(ADR)を通じて和解した。

 今回請求するのは、ADRで認められなかった費用だという。県の担当者は「事故対応に当たった苦労が考慮されていない。東電は真摯しんしに賠償に向き合ってもらいたい」と話している。

 一方、東電は「訴状が送達された場合は請求内容や主張を精査し、誠実に対応していく」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます
1482279 0 社会 2020/09/16 17:06:00 2020/09/16 21:30:47 2020/09/16 21:30:47

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ