「感染者の関係者、入店遠慮を」飲食店が過剰な貼り紙掲示

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大分県は16日、新型コロナウイルスを巡って、別府市の飲食店で過剰な入店制限があったことを明らかにした。店は「感染者が確認された企業、団体、学校の関係者らの入店を遠慮してほしい」との貼り紙を掲示していた。

 県議会一般質問で、原田孝司議員(県民クラブ)に答えた。

 県や別府市によると、8月中旬頃、市内の飲食店で入店を断られたとの相談があった。市の担当者の事情聴取に対し、店側は事実関係を認め、同時期に留学生の感染が相次いだことを理由に挙げたという。

 一方、県はSNSへの投稿やインターネットでの書き込みで人権侵害がないかを定期的に調査している。3月頃からコロナ関連も対象に加えたが、これまでに該当する事案はなかったという。

無断転載・複製を禁じます
1484552 0 社会 2020/09/17 12:55:00 2020/09/17 12:55:00 2020/09/17 12:55:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ