ナンバープレート折り曲げ40件、防犯カメラから男が浮上…「いらいらしてやった」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 駐車中の車のナンバープレートを折り曲げたとして、兵庫県警淡路署は16日、淡路市の男(50)を器物損壊容疑で現行犯逮捕した。調べに「いらいらしてやった」と認めているという。

 発表では、男は16日午前1時15分頃、淡路市志筑の会社役員男性(56)が自宅駐車場に止めていた軽乗用車の前部ナンバープレートを折り曲げた疑い。

 志筑地区では14日以降、住宅街に止められた車などのナンバープレートが折り曲げられる事案が約40件相次ぎ、防犯カメラの映像などから男が浮上。署員が警戒していた。

無断転載・複製を禁じます
1485200 0 社会 2020/09/17 17:27:00 2020/09/17 17:54:49 2020/09/17 17:54:49

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ