読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

感染の女性、症状出てから11日後に検査…市「医師の判断」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宮城県と仙台市は18日、30~60歳代の男女5人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染経路不明は2人。県内の累計感染者は351人になった。

 このうち、塩釜市の40歳代女性は、17日に感染者が確認された同市の「特別養護老人ホームこころの樹」の職員。検査した42人の1人で、ほかの41人は陰性だった。県は18日、さらに26人に検査を行った。

 また、仙台市の50歳代女性は、医療機関を受診し、コールセンターにも相談したが、PCR検査を受けたのは症状が出てから11日後だった。市は「症状を見た医師の判断」としている。

 県は19日からの4連休について、体調不良の人に外出自粛を求める「緊急警報」を初めて発表した。

無断転載・複製を禁じます
1488993 0 社会 2020/09/19 13:28:00 2020/09/19 14:44:20 2020/09/19 14:44:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)