読売新聞オンライン

メニュー

富士山が「初雪化粧」、富士吉田市が宣言…「初冠雪」は観測されず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

うっすらと雪化粧した富士山(21日午前10時12分、読売機から)=上甲鉄撮影
うっすらと雪化粧した富士山(21日午前10時12分、読売機から)=上甲鉄撮影

 富士山に今季初めて雪が積もったことを21日、麓の山梨県富士吉田市が確認し、「初雪化粧」を宣言した。甲府地方気象台が観測する「初冠雪」とは別に、市が独自に2006年から発表しており、昨年より1か月ほど早い。

 市職員が午前6時半頃、山頂付近の山肌がうっすらと雪に覆われているのを目視で確認した。一方、同気象台からはこの日、初冠雪は観測されなかった。同気象台によると、20日には山頂付近が氷点下となっていた。

 長年、富士山を撮り続けている同県都留市のアマチュア写真家、井出吾朗さん(82)は「富士山が雪化粧したのを見ると、寒い季節の訪れを感じる」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1492128 0 社会 2020/09/21 11:09:00 2020/09/21 21:43:32 2020/09/21 21:43:32 うっすらと雪化粧(?)した富士山(21日午前10時12分、本社機から)=上甲鉄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200921-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)