保護猫カフェなど12店が参加、東京・湯島で「ねこまつり」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

保護猫カフェでは猫と過ごすことができる(文京区で)
保護猫カフェでは猫と過ごすことができる(文京区で)

 猫に関するスイーツや雑貨が集まる地域おこしイベント「ねこまつりat湯島」が文京区湯島周辺で行われている。

 イベントは2015年9月からで、今回が11回目。湯島周辺に野良猫はほとんどいないが、猫好きの店主がいるカフェや雑貨店計3店が地域振興のために始めた。毎年2回行っており、前回は約1万人が訪れたという。

 今回は、同区湯島と本郷の、保護猫カフェやイタリア料理店など12店が参加。期間中、ホテル東京ガーデンパレスでは猫をかたどったクッキーをのせたプリンアラモードなどを提供し、イタリア料理店「アン ガット」では限定ランチメニューを販売する。猫をモチーフにした雑貨を販売する店舗もあり、近くの妻恋神社では限定ご朱印も用意している。

 参加店でもあり、実行委員会代表の「王冠印雑貨店」店長の海老原久美さん(46)は「各店を回って、お気に入りの猫アイテムを見つけて楽しんでほしい」と呼びかけている。

 10月18日まで。新型コロナウイルス感染予防で、密集を避けるため例年より期間を延長した。問い合わせは実行委員会(03・6806・0252)まで。

無断転載・複製を禁じます
1492274 0 社会 2020/09/21 13:46:00 2020/09/21 17:20:45 2020/09/21 17:20:45 保護猫カフェ「ネコリパブリック東京お茶の水店」では猫たちと一緒に過ごすことができる(16日、文京区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200921-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ