読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

雲海に浮かぶ石垣「すごい迫力」…朝焼けの「天空の城」に歓声

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

雲海に包まれた竹田城跡(21日午前7時10分、朝来市和田山町で)
雲海に包まれた竹田城跡(21日午前7時10分、朝来市和田山町で)

 兵庫県朝来市和田山町の国史跡・竹田城跡で21日朝、雲海の間から壮大な石垣が浮かび上がる「天空の城」がお目見えした。この日は4連休の3日目とあり、観光客らが城跡を一望できる立雲峡の展望台に上り、幻想美に酔いしれた。

 神戸地方気象台によると、この日早朝の気温は和田山町で14.1度まで冷え込み、10月上旬並みに。展望台には夜明け前から多くの写真愛好家らが詰め掛け、朝焼けとともに「天空の城」が浮かび上がると、「すごい迫力」などと歓声を上げていた。

 家族と来た加古川市の会社員男性は「『天空の城』を一目見ようと、インターネットで調べて来た。朝日に照らされた雲海はとてもきれいで、苦労して上ったかいがあった」と笑顔だった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1493626 0 社会 2020/09/22 09:06:00 2020/09/22 09:58:46 2020/09/22 09:58:46 雲海に包まれた竹田城跡(21日午前7時10分、朝来市和田山町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200922-OYT1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)