台風12号、24日未明にかけ接近の恐れ…太平洋側中心に大雨見通し

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

台風情報はこちら

 台風12号は23日、日本の南海上を北寄りに進んでいる。当初の予測より東寄りに進路を変えたため、本州に上陸する恐れは低くなったが、24日未明にかけて近畿、25日にかけて関東甲信や東北に接近する恐れがある。台風の接近に伴い、台風の北側の秋雨前線が本州まで押し上げられて活発になるため、台風本体の雨雲がかかる前から太平洋側を中心に大雨となる見通しだ。

 気象庁によると、台風12号は23日正午現在、伊豆諸島・八丈島の南南西約230キロを時速20キロで北東に進んだ。中心気圧は975ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は30メートル。

 24日午前6時までの24時間予想雨量は東海と伊豆諸島で200ミリ、関東甲信で150ミリ、東北で80ミリなど。その後も秋雨前線の雨と、台風本体の雨が連続して降り続いて雨量が増える可能性があり、気象庁は土砂災害や河川の氾濫への警戒を呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
1495416 0 社会 2020/09/23 11:19:00 2020/09/23 16:28:41 2020/09/23 16:28:41

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ