台風12号、本州に上陸の恐れ低く…東寄りに進路変える

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

台風情報はこちら

 台風12号は23日、日本の南海上を北寄りに進んだ。24~25日にかけて伊豆諸島や関東の東の海上を進む見通しで、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに警戒するよう呼びかけている。

 同庁によると、台風12号は23日午後11時現在、伊豆諸島・八丈島の東北東約180キロを時速30キロで北東に進んだ。中心気圧は985ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は25メートル。風速25メートル以上の暴風域はなくなった。

 当初の予測より東寄りに進路を変えたため、本州に上陸する恐れは低くなったが、24日にかけて関東に、25日にかけて東北に接近する恐れがある。

 台風と、台風の北側にある秋雨前線の影響で、伊豆諸島や東北の太平洋側では25日まで、断続的に激しい雨が降り続く見通し。24日午後6時までの24時間雨量は、伊豆諸島で250ミリ、関東で200ミリ、東北で180ミリなどと予想されている。

無断転載・複製を禁じます
1496488 0 社会 2020/09/23 18:16:00 2020/09/24 00:15:16 2020/09/24 00:15:16

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ