都内新規感染者の半数近く、経路特定できず…国内で新たに219人確認

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 23日に国内で確認された新型コロナウイルスの感染者は219人で、今月14日以来、9日ぶりに300人を下回った。連休中に検査数が減り、感染者の減少につながったとみられる。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者を除く累計は8万人を超え、8万106人となった。死者は東京や愛知など5都府県で計6人だった。

 東京都内の新規感染者数は59人で、1日の感染者が60人を下回るのは6月30日(54人)以来。重症患者は前日より2人減の28人だったが、入院患者は26人増え、1258人になった。23日の新規感染者を経路別にみると、病院など施設内の感染が10人と最多で、家庭内が8人などと続いた。新規感染者全体の半数近くの28人は感染経路を特定できていないという。

無断転載・複製を禁じます
1496881 0 社会 2020/09/23 21:41:00 2020/09/24 09:06:03 2020/09/24 09:06:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200924-OYT1I50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ