西日本や北日本で大雨の恐れ…高知県に記録的短時間大雨情報

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 気象庁の25日午前5時前の発表によると、台風から変わった温帯低気圧が関東の東をゆっくり北上する一方、四国沖にも前線を伴った低気圧があり東北東へ進んでいる。

 大気の状態が非常に不安定になることから、西日本では25日、局地的に雷を伴った激しい雨が降るという。北日本の太平洋側でも26日にかけて激しい雨が降り、海上ではうねりを伴った大しけになる見込み。

 26日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで東北地方が150ミリ、近畿地方120ミリ、北海道地方、四国地方が各80ミリ。

 西日本では雷を伴った非常に激しい雨の降っているところがあり、同庁は高知県室戸市付近で25日午前5時20分までの1時間に120ミリ以上の雨が降ったとして記録的短時間大雨情報を出した。

 同庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水への警戒・注意を呼びかけている。また、激しい突風や落雷への注意も必要という。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1500001 0 社会 2020/09/25 06:59:00 2020/09/25 10:38:48 2020/09/25 10:38:48

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)