「行為をしたが詳しくは覚えていない」…24歳男、商業施設の駐車場で少女にわいせつ疑い

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 佐賀県警佐賀南署は25日、多久市北多久町小侍、廃品回収作業員井本優也被告(24)(強制性交罪で起訴)を強制性交容疑で再逮捕した。発表によると、井本被告は6月27日午後5時30分~同7時40分頃、県内の商業施設の駐車場に止めた車の中で、県内の13歳未満の少女に対し、わいせつな行為をした疑い。「行為をしたことはあるが、それが6月のことだったか、詳しいことは覚えていない」と容疑を一部否認しているという。2人は出会い系サイトで知り合ったとみられる。

無断転載・複製を禁じます
1502747 0 社会 2020/09/26 13:24:00 2020/09/26 14:21:22 2020/09/26 14:21:22

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ