「皿洗いで食事タダ」苦学生3万人を満腹にして40年…学生街の「王将」、惜しまれ閉店へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

厨房(ちゅうぼう)で鍋を振る井上定博さん(15日、京都市上京区で)=土屋功撮影
厨房(ちゅうぼう)で鍋を振る井上定博さん(15日、京都市上京区で)=土屋功撮影
閉店が決まった餃子の王将出町店。おなかをすかせた学生へのメッセージが掲示されている(15日、京都市上京区で)=土屋功撮影
閉店が決まった餃子の王将出町店。おなかをすかせた学生へのメッセージが掲示されている(15日、京都市上京区で)=土屋功撮影

 皿洗いを条件に苦学生らに無料で食事を提供してきた「餃子ギョーザの王将」出町店(京都市上京区)が10月末で閉店する。店主の井上定博さん(70)が古希の節目に決断した。厚意を受けた学生は40年近くで延べ約3万人に上り、店には感謝と惜しむ声が寄せられている。

 京都大や同志社大の学生らの下宿が多い街角にある店内は、昼になると若者らでいっぱいになる。厨房ちゅうぼうで、大きな中華鍋を振る井上さんは「損も得もない。困っている人の力になりたいという気持ちだけやった」と名残惜しそうに話す。

 井上さんは京都市伏見区で生まれ、20歳の時、妻と駆け落ちして大阪に出た。6畳一間のアパートでの貧乏暮らし。食費も切り詰めていたある日、職場の先輩が夕飯にすき焼きをごちそうしてくれた。「どんだけ貧乏でも、満腹にさえなれば幸せになれるんや」。この経験が原点となった。

 王将に入り、別の店の店長になった1982年から「社会に恩返しをしたい」との思いで「皿洗いで無料」のサービスを始めた。95年に、出町店のオーナーになってからもサービスを続け、学生街の名物に。「親から仕送りが届かない」「試験勉強が忙しくてバイトする余裕がない」。学生が皿洗いにすがる理由は様々だ。

 店に置かれたノートには、「バイト代が入ったら(お金を持って)食べに来ます」などお礼の言葉があふれている。卒業して就職してから感謝の気持ちを伝えに来る人が多く、恋人を連れて、「結婚します」と報告に来た男性もいたという。

 衛生上の理由で2年前に皿洗いは中止し、今は「昨日からご飯を食べていない人」などに限り、対価を求めず食べさせている。

 井上さんは「新型コロナウイルスで学生の暮らしが大変な時に店をしまうのは心残りやけど、ここで出会えた人たちは一生の宝物や」と顔をほころばせた。

無断転載・複製を禁じます
1502845 0 社会 2020/09/26 14:39:00 2020/09/26 18:38:12 2020/09/26 18:38:12 閉店することになった餃子の王将出町店で鍋を振る井上定博さん(15日午後、京都市上京区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200926-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ