読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

クマに襲われ男性重傷、道路にクリ散乱…ブナ不作で人里に出没か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 26日午前6時半頃、新潟県長岡市人面の道路上で、近くの70歳代男性がクマに襲われ、鼻やあごの骨を折る重傷を負った。

 現場は田んぼや畑が広がる地域。長岡署の発表などによると、道路上にはクリが散乱し、男性の軽トラックが止まっていたという。近くで農作業中の人がケガをした男性を見つけ、消防署に男性を連れて行った。

クマに襲われた現場付近の写真を見ながら、被害状況を確認する長岡市の対策本部会議(26日、アオーレ長岡で)
クマに襲われた現場付近の写真を見ながら、被害状況を確認する長岡市の対策本部会議(26日、アオーレ長岡で)

 同市では23日にも、20歳代女性が自宅近くでクマに襲われ軽傷を負っている。被害が続いたことから市は26日、市クマ被害対策本部を設置した。この日の会議では、現場付近を撮影した写真などで情報を共有。クマを捕獲するわなを現場近くに設置し、周辺地域にも今後、増設することや、住民に注意喚起することなどを確認した。磯田達伸市長は「今後も出没は増えると見込まれる。住民に危険性を周知していきたい」と話した。

      ◇

 この日は、県鳥獣被害対策支援センターも対策会議を開いた。今年はブナの不作により、今後も人里周辺への出没が予測されることを確認し、市町村に住民への注意喚起を依頼した。

 センターの神部淳所長は「クマはすでに人間のテリトリーに入ってきている。出没が確認されている地域の住民は、常日頃から注意してほしい」と呼びかけた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1504466 0 社会 2020/09/27 14:55:00 2020/09/27 15:28:11 2020/09/27 15:28:11 クマに襲われた現場付近の写真を見ながら、被害状況について確認する長岡市の対策本部会議(26日午前11時12分、長岡市大手通、アオーレ長岡で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200927-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)