オープンから20年超、だれも気付かず…展示のエイは「新種」だった

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鹿児島市のかごしま水族館が「トンガリサカタザメ」として20年以上展示してきたエイの一種が、新種だったことが分かった。腹側から見ると、死に装束で頭に付ける三角形の布「天冠」のように見えることから「モノノケトンガリサカタザメ」と命名。9月20日付の日本魚類学会の学術誌で発表された。

「モノノケトンガリサカタザメ」と命名されたエイの一種(かごしま水族館提供)
「モノノケトンガリサカタザメ」と命名されたエイの一種(かごしま水族館提供)

 同館では、開館した1997年から、鹿児島県内の定置網で捕獲した複数の「トンガリサカタザメ」を飼育してきた。

 トンガリサカタザメの特徴とは違う個体が存在することに同館や鹿児島大などの研究グループが気付き、頭の先が丸みを帯びている点や、頭部の腹側に黒色の丸模様があることなどから、新種と突き止めた。

 かごしま水族館の吉田明彦・魚類展示係長は「開館当初から展示され、誰も違う種と疑わなかった。勉強不足で反省している。鹿児島が豊かな海に恵まれていることを痛感しました」と驚いた。

無断転載・複製を禁じます
1520786 0 社会 2020/10/04 10:28:00 2020/10/04 13:45:15 2020/10/04 13:45:15 「モノノケトンガリサカタザメ」と命名されたエイの一種(かごしま水族館提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201004-OYT1I50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ