「見習い」指導する立場の運転士、特急乗務中にウトウト…乗客から指摘

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR東日本長野支社は3日、特急「ワイドビューしなの」で、見習い運転士を指導する立場の30歳代の男性指導運転士が「乗務中に居眠りをしていた」と乗客から指摘を受けたと発表した。社内調査に対し、指導運転士は「うとうとしてしまった」と話しているという。

 発表によると、列車は1日の名古屋発長野行き「ワイドビューしなの21号」で、冠着―姨捨駅間を走行中だったとみられる。同支社は「全乗務員に対し指導を徹底する」としている。

無断転載・複製を禁じます
1520912 0 社会 2020/10/04 14:33:00 2020/10/04 14:53:25 2020/10/04 14:53:25

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ