東京新聞記者「ばかにしているのか」と厚労省取材で机たたく…抗議受け編集局謝罪

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中日新聞東京本社(東京新聞)の男性記者が9月、厚生労働省の職員に取材した際、机をたたいてどなるなど暴力的な行為をしていたことがわかった。同本社編集局は、同省に謝罪文書を出した。

 同本社によると、社会部に所属する40歳代の男性記者。記者は新型コロナウイルス対策で政府が配布したマスクの単価や規格決定の経緯を調べるため、同省に情報公開請求を実施し、不開示となったことから8~9月に担当職員を取材した。

 9月4日の取材で、記者は「ばかにしているのか」と大声を出して机をたたいたり、職員の資料を一時的に奪ったりした。取材時間は3時間45分に及んだとしている。

 同省が、業務に支障が生じたとして編集局に抗議。同本社の加古陽治編集局次長は「職員の方々を傷つけたことを深くおわびします。記者は取材から外しました。厳しく対処し、再発防止を徹底します」としている。

無断転載・複製を禁じます
1521247 0 社会 2020/10/04 20:46:00 2020/10/04 21:06:42 2020/10/04 21:06:42

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ