箱根のロープウェーが一時宙づり、乗客は救助袋に入り地上へ降下…33人救助

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 5日午後2時頃、神奈川県箱根町の「箱根駒ヶ岳ロープウェー」(片道約1・7キロ、所要時間7分)が突然止まり、2台のゴンドラが宙づりになった。乗客計33人は同4時10分頃までに無事救助された。

 運行会社によると、2台は箱根園駅と山頂駅をそれぞれ出発した直後、10~15メートルほど進んだところで停止。乗客は備え付けの救助袋に1人ずつ入り、床の緊急脱出口から6~7メートル下の地面に降りたという。

 同社は機械トラブルが原因とみて調査する。6日は始発から運転を取りやめる。

無断転載・複製を禁じます
1524187 0 社会 2020/10/05 20:01:00 2020/10/05 22:47:11 2020/10/05 22:47:11

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ