わなにニホンカモシカ、逃がそうとして角で突かれた男性死亡

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 愛知県新城市は5日、同市黄柳野つげのの山林で2日、わなにかかったニホンカモシカを逃がそうとした同市の溶接業男性(70)が、角で突かれて死亡したと発表した。

 発表によると、男性は2日午前8時頃、山林に仕掛けたくくりわなを点検中、捕獲対象外で、国の特別天然記念物のニホンカモシカがかかっているのを発見。わなから外そうとして近づき、太ももを角で突かれたという。男性は電話で家族に助けを求め、病院に運ばれたが、約2時間後に出血性ショックで死亡した。

 市によると、男性は、市からニホンジカなど有害鳥獣の駆除を依頼されていた。わなにかかったニホンカモシカはオスの成獣で、体長約90センチ。民家が近いことなどから、県などの許可を得て、5日に殺処分したという。

無断転載・複製を禁じます
1524219 0 社会 2020/10/05 20:27:00 2020/10/05 20:46:55 2020/10/05 20:46:55

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ