【独自】USJが新エリア来春開業、「マリオ」テーマにアトラクション導入

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

整備が進む新エリア「SUPER NINTENDO WORLD」(7日午前、大阪市此花区のUSJで、読売ヘリから)=長沖真未撮影
整備が進む新エリア「SUPER NINTENDO WORLD」(7日午前、大阪市此花区のUSJで、読売ヘリから)=長沖真未撮影

 大阪市のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)が、任天堂のゲームをテーマにした新エリアを2021年春に開業する方針を固めた。当初は今夏までの開業を目指していたが、新型コロナウイルスの感染拡大で見送っていた。来春には施設工事の仕上げやスタッフの訓練などの準備が整うことから開業できると判断した。

 USJの運営会社が近く発表する。新エリア「SUPER NINTENDO WORLD(スーパー・ニンテンドー・ワールド)」は、任天堂の人気キャラクター「マリオ」などを題材にしたアトラクションを導入する。来春の開業に先行し、今月中にマリオのオリジナルグッズが買えるカフェもオープンする。

 新エリアは600億円超を投じて2017年から建設を進めていた。具体的な開業日は今後、決める。

無断転載・複製を禁じます
1528366 0 社会 2020/10/07 13:11:00 2020/10/07 15:56:00 2020/10/07 15:56:00 整備が進む新エリア「SUPER NINTENDO WORLD」(7日午前10時42分、大阪市此花区の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」で、本社ヘリから)=長沖真未撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201007-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ