読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「日本人が全部LやGになったら」区議発言、議長が謝罪…区議は「何が問題なのか」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都足立区議会の鹿浜昭議長(63)は、本会議で区議から誤解を招く発言があったとして、区議会のホームページに謝罪コメントを出した。

 問題となっているのは、9月25日の一般質問での白石正輝区議(78)(自民)の発言。少子化について質問する中で、性的少数者(LGBT)に関し、「生き方に干渉しようとは思わない」とした上で、「日本人が全部L(レズビアン)やG(ゲイ)になったら、次の世代は一人も生まれない」などと述べた。この発言に対し、批判が寄せられていた。

 6日付で掲載したコメントで鹿浜議長は「議員としてふさわしくない誤解を招く表現があり、不快な思いをされた方々に心からおわび申し上げます」と謝罪。同日、白石区議に厳重注意した。鹿浜議長によると、白石区議はその際、「謝るつもりはない。差別的な趣旨で言ったわけではなく、何が問題なのかわからない」と話していたという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1530748 0 社会 2020/10/08 12:03:00 2020/10/08 12:03:00 2020/10/08 12:03:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)