婚活イベント、コロナで56%減…参加者は7割減

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福岡県は、県に登録する「出会い応援団体」が結婚支援を目的に開くイベントが新型コロナウイルスの影響で減少し、4~8月の開催数が前年同期比56%減の58件だったことを明らかにした。開会中の県議会決算特別委員会で説明した。

 県によると、応援団体は今年3月末現在、医療機関や保育所、農協など1904団体が登録している。4~8月に開かれたイベント58件の参加者数は計741人で、前年同期比約70%減だった。

 県は「新しい生活様式を踏まえた基準を満たすイベントのみ開催している」と説明。応援団体にアクリル板など感染防止の備品購入費を助成しており、今後はオンライン形式のイベントの普及も図るという。

無断転載・複製を禁じます
1533415 0 社会 2020/10/09 12:23:00 2020/10/09 12:23:00 2020/10/09 12:23:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ