強い台風14号、11日にかけ東日本接近…本州上陸の恐れは低く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 強い台風14号は9日、暴風域を伴って西日本の南海上を北上した。今後は勢力を維持したまま10日にかけて西日本に、11日にかけて東日本に接近する見通しだ。当初の予測より南寄りに進路を変えたため、本州へ上陸する恐れは低くなったが、気象庁は「台風が接近する地域では高波、暴風、河川の氾濫などに警戒する必要がある」としている。

 気象庁によると、台風14号は9日正午現在、高知県・足摺岬の南南東約250キロをゆっくりと北北東へ進んだ。中心気圧は970ヘクト・パスカル。中心付近の最大風速は35メートル。

 台風の北上に伴い、日本の南にある前線の活動が活発になっており、西日本と東日本の太平洋側では9日、やや強い雨が降った。台風の接近で雨が長引き、大雨となる恐れもあり、10日午前6時までの24時間雨量は、近畿と東海で400ミリ、四国で300ミリ、伊豆諸島で200ミリなどと予想されている。

 一方、台風14号の接近に伴い、九州各地では交通が乱れ、学校の休校も相次いだ。

 気象庁によると、宮崎県日南市油津で21・5メートルの最大瞬間風速を観測。海岸では大きな波が繰り返し打ち寄せていた。

 宮崎空港(宮崎市)を発着する航空便は午前中のほとんどの便が欠航。宮崎市と神戸市を結ぶ「宮崎カーフェリー」も運航を見合わせた。

 鹿児島県でも、鹿児島市と奄美群島や種子島、屋久島を結ぶ船の欠航が相次いだ。

無断転載・複製を禁じます
1533246 0 社会 2020/10/09 11:33:00 2020/10/09 13:00:33 2020/10/09 13:00:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201009-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ