ご朱印帳の鉄道版「鉄印帳」人気で増刷、初版は1か月で売り切れ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

7月の発売以来、人気が続く鉄印帳
7月の発売以来、人気が続く鉄印帳

 列車の乗車記念となる「鉄印」を記帳してもらう「鉄印帳」が7月10日に発売されてから3か月。冊子を取り扱う全国40社の地方鉄道では、入荷分がすぐに売り切れる人気ぶりとなっている。

「鉄印帳」発売1年、7月にオンラインで記念イベント

 鉄印帳は、寺社の参拝で使うご朱印帳の鉄道版。「第三セクター鉄道等協議会」が考案し、普及を進めている。初版5000部が約1か月で売り切れたため、初版の表紙の色の紺に、ピンク、緑、水色、黒の4色を加えて増刷している。

 鉄印は、駅員による筆書きや、車両や名所のイラストなど、各社がデザインに趣向を凝らしている。秋の行楽シーズンにあたり、協議会の本棒公二事務局次長(69)は「新型コロナウイルスの感染対策は万全。秋祭りや紅葉狩りを楽しみながら路線の旅を堪能してほしい」と話す。

 1冊2200円(税込み)で、記帳の際は別料金が必要となる。販売と記帳は、鉄道各社が決めた駅の窓口で扱っている。

         ◇

 地方鉄道が走る県の地域版で関連記事を掲載しています。読売新聞オンライン「地域」のコーナーからもご覧ください。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1536369 0 社会 2020/10/10 05:00:00 2020/10/13 19:13:22 2020/10/13 19:13:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201010-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)