動き遅い台風、今晩ようやく東海道沖に…太平洋側で大雨

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 気象庁によると、台風14号の接近や前線の影響により、西日本と東日本の太平洋側では大雨となっており、伊豆諸島では土砂災害の危険が極めて高くなっている。

 同庁では11日にかけて土砂災害や、暴風やうねりを伴った高波、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼びかけている。

 台風14号は10日午前5時には潮岬の南約230キロにあって、1時間におよそ15キロの速さで東北東へ進んでいる。

 中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。

 台風は、今後東に進んで10日夜には暴風域を伴ったまま東海道沖に達し、その後勢力を弱めながら次第に進路を南寄りに変える見込み。

 10日は西日本や東日本の太平洋側で非常に激しい雨の降る所があり、伊豆諸島では11日にかけて非常に激しい雨の降るおそれがある。

 11日午前6時までの24時間に予想される雨量は多い所で、伊豆諸島で300ミリ、東海で150ミリ、近畿、関東で120ミリとなっている。

無断転載・複製を禁じます
1536558 0 社会 2020/10/10 05:41:00 2020/10/10 07:14:07 2020/10/10 07:14:07

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ