消毒・マスク着用していたが…劇団「クラスター」62人感染、稽古場で拡大か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

クラスターが発生した劇団が拠点を構えるビル(10日、さいたま市浦和区で)
クラスターが発生した劇団が拠点を構えるビル(10日、さいたま市浦和区で)

 さいたま市は10日、同市浦和区常盤の「劇団ミュージカル座」で10~60歳代の役者やスタッフら関係者62人の感染者が確認され、クラスター(感染集団)が発生したと発表した。ビルにある劇団の稽古場で感染が拡大したらしい。

 市によると、6日に劇団員1人の感染が確認され、劇団の呼びかけで役者らが検査を行った結果、これまでに62人の感染が確認された。劇団は、手指の消毒や稽古中のマスク着用など感染対策を行っていたという。

 埼玉県内では10日、100人が確認され新規感染者としては過去最多となった。

無断転載・複製を禁じます
1537751 0 社会 2020/10/10 18:28:00 2020/10/11 09:52:16 2020/10/11 09:52:16 クラスターが発生した劇団が拠点を構えるビル(10月10日午後4時32分、さいたま市浦和区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201010-OYT1I50106-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ