読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

イネの害虫「トビイロウンカ」が大量発生…中国大陸から飛来、早めの収穫呼びかけ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「坪枯れ」状態になった水田(岡山県倉敷市で)
「坪枯れ」状態になった水田(岡山県倉敷市で)

 岡山県南部の田んぼで、水稲を枯死させる害虫「トビイロウンカ」が大量に発生している。全体が枯れている田んぼもあり、県病害虫防除所は薬剤散布や、早めの収穫を呼びかけている。

 中国大陸から飛来するトビイロウンカ(体長約5ミリ)は、イネの株元に寄生し茎の養分を吸い取り、やがて枯らす。そうして枯れたイネで、田んぼに茶色い穴が開いたような状態を「坪枯れ」と呼ぶ。対策を取らなければ、収穫量が減少する。

 同防除所が9月下旬に県南部で行った調査では、88.6%の田んぼでウンカが発生するなど、平年(17.4%)よりかなり多かった。田んぼのイネがすべて枯れる「反枯れ」状態の場所も見つかったという。

 同防除所は可能な限り稲刈りを早めるほか、薬剤を使う際は株元に生息するウンカに届くよう、丁寧に散布するなどの対策を求めている。

 晩稲おくて品種の稲刈りの季節を迎えており、同防除所の長森茂之室長は「作柄への影響が心配される。対策を急いでほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1539486 0 社会 2020/10/11 17:53:00 2020/10/11 23:04:56 2020/10/11 23:04:56 「坪枯れ」状態になった水田(倉敷市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201011-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)