読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナは「正しく恐れることが大切」…金沢大で市民講座

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 金沢大学公開市民講座(主催・金沢大学先端科学・社会共創推進機構、共催・読売新聞北陸支社)が10日、金沢市の金沢大宝町キャンパス十全講堂で開かれた。今年のテーマは「ウイルスとの闘いと共存―コロナ禍を乗り越えるために―」。同大の3人の教授が、各研究分野から新型コロナウイルスについて講演した。

新型コロナウイルスの特徴を解説する市村教授
新型コロナウイルスの特徴を解説する市村教授

 最初に、県の新型コロナウイルス感染症対策本部アドバイザーを務める医薬保健研究域医学系の市村宏教授が講演。石川県の新型コロナの流行を南加賀と金沢の2種類で分け、「南加賀は金沢に比べて感染者の年齢層が高く、中等症や重症の割合が高かった」と報告した。

 また、世界の研究機関などが発表した調査結果として、「人口あたりの死者数が少ない国でBCGワクチンの接種が認められている」「O型の血液型は重症化リスクが低い」ことなどを説明した。

 続いて、公衆衛生と予防医学に詳しい医薬保健研究域長の中村裕之教授が、マスクや手洗い、消毒、換気を徹底するなど、基本的な感染対策の重要性を強調。重症化しやすいのは「喫煙、高血圧、糖尿病など、いわゆる生活習慣病リスクのある人」と指摘。「栄養バランスのとれた食生活や、適度な運動などで、免疫機能とメンタルを高めることが予防につながる」とし、「過度に自粛するのではなく、正しい知識を持ち、正しく恐れることが大切」と話した。

 最後に講演したのは、世界保健機関(WHO)で活動経験のある、人間社会研究域法学系の堤敦朗教授。堤教授は、WHOの組織の仕組みや役割について説明。ワクチンについて、「一国だけで開発しようとしても、失敗したらその国だけ手に入らなくなるので、各国で協力する必要がある」とし、新型コロナについて「国を越えて世界規模で考える視点を持つことが大切」とした。

 講演後、富山市の家事手伝い女性(44)は「ネットなどで調べた情報しか知らなかったので理解が深まった。『正しく恐れる』ことができそう」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1541460 0 社会 2020/10/12 16:46:00 2020/10/14 10:11:28 2020/10/14 10:11:28 新型コロナウイルスの特徴を解説する市村教授(10月10日午後1時14分、金沢市宝町の金沢大学宝町キャンパス十全講堂で)=宮嶋範撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201011-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)