「今年も来てくれた」冬の使者、浅瀬で羽休め

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 絶滅が危惧される渡り鳥・クロツラヘラサギが福岡市東区の和白干潟に飛来し、浅瀬で羽を休めている=写真、中嶋基樹撮影=。

 黒い顔とヘラのようなくちばしが特徴で、アジアに生息する。毎年この時期に越冬で飛来するため、「冬の使者」とも呼ばれる。

 「和白干潟を守る会」の山本廣子代表によると、今月3日に1羽が初飛来し、14日には7羽を確認。山本代表は「今年も来てくれて良かった」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1549172 0 社会 2020/10/15 08:13:00 2020/10/15 09:00:59 2020/10/15 09:00:59 浅瀬で羽を休めるクロツラヘラサギ(14日午前10時52分、福岡市東区で)=中嶋基樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201015-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ