飲食店でクラスター、「体調不良の従業員がいる」と相談も保健所は検査勧めず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 青森県は15日、弘前市内の飲食店の客と従業員ら16人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。12日に感染が確認された「弘愛会病院」(弘前市)の男性医師が利用した店で、県内では2例目のクラスター(感染集団)発生となった。県が1日で発表した感染者数としては過去最多で、感染拡大への懸念が高まっている。

 県内で感染が確認されたのは計57人となった。

 今回、感染が確認されたのは青森市保健所と県の弘前・上十三両保健所管内に住む10~60歳代の男女。このうち上十三管内の60歳代の男性は、男性医師と一緒に店を訪れていた。

 10歳代の男性は同店に勤務。弘前管内の50歳代女性は、弘愛会病院の職員で、医師と接触していた。

 16人全員に発熱や倦怠けんたい感などの症状があった。

 クラスターの発生を受け、県は厚生労働省から専門家チームの派遣を要請する方針。

 男性医師らが利用していた店は、弘前市鍛冶町の「クラブ ・シャモン」と「スナック シャモン」。両店は同じビル内に入居、従業員は店を行き来していた。

 店は今月上旬に2度、「体調不良の従業員がいる」などと弘前保健所に相談していたという。ただ、風邪の症状と判別がつかなかったことなどから、保健所は検査を勧めなかったという。

 県によると、9月28日から店が休業する直前の10月10日の間に店を訪れた客は少なくとも100人以上いるとみられる。

 県は早期に利用客を特定できない恐れがあるとして、店名公開に踏み切った。県は、利用客に対し、最寄りの帰国者・接触者相談センターに連絡するよう呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
1553060 0 社会 2020/10/16 12:57:00 2020/10/16 14:01:43 2020/10/16 14:01:43

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ