警戒の猟友会男性2人含めた4人、クマに襲われ搬送

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 石川県白山市で16日、50~90歳代の男女4人が相次いでクマに襲われ、病院に搬送された。4人とも命に別条はないが、2人が重傷を負った。クマは猟友会により駆除された。

 白山署や白山野々市広域消防本部などによると、同日午後0時10分頃、同市明法島町の畑で、90歳代の男性が頭をひっかかれるなどし、血を流して倒れているのを家族に発見された。午後3時15分頃には、近くに住む女性から「クマに襲われた」と119番があった。2人は重傷。

 同45分頃には、警戒に当たっていた猟友会の男性2人(50歳代と70歳代)が襲われたという。いずれも同じクマとみられる。

 同県での今年のクマの目撃情報は、統計を取り始めた2005年以降最多の400件(13日現在)で、県は10年ぶりにクマの出没警戒情報を全域に出した。

無断転載・複製を禁じます
1554414 0 社会 2020/10/16 20:46:00 2020/10/17 01:06:21 2020/10/17 01:06:21

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ