死亡の3歳男児、両まぶたにセロハンテープや下腹部周りにも暴行受ける…母と継父を起訴

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福岡県中間市で8月、男児(3)が暴行を受けて意識不明の重体となり、その後に死亡した事件で、7月にも男児に骨折の重傷を負わせるなどしたとして、福岡地検小倉支部は16日、継父の会社員(23)、妻(22)の両被告(ともに暴行罪で起訴)を傷害罪などで福岡地裁小倉支部に起訴した。

 起訴状では、妻は7月2日、中間市の継父宅で男児の両まぶたにセロハンテープを貼ったほか、両被告は同月23~24日、自宅で男児の下腹部の周りを圧迫するなどの暴行を繰り返し、恥骨骨折のけがを負わせた、などとしている。

 継父は今年8月、男児を殴って大けがを負わせたとして傷害容疑で逮捕された。その後、男児は死亡。地検小倉支部はこの傷害容疑については処分保留としており、県警は男児が死亡した経緯について捜査を続けている。

無断転載・複製を禁じます
1554556 0 社会 2020/10/16 21:24:00 2020/10/16 21:43:27 2020/10/16 21:43:27

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ