元主任保育士の女性、園児に「ばか」「のろま」…足払いも

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 園児2人の頭をつかんでぶつけさせたとして、埼玉県警が、加須市にある認可保育所の元主任保育士の女性(71)を暴行容疑でさいたま地検に書類送検したことが、関係者などへの取材でわかった。書類送検は15日。

 関係者などによると、元主任保育士は昨年5月中旬、同保育所内で、当時の園児2人の頭をつかみ、ぶつけさせた疑いが持たれている。園児のうち1人の母親が今年に入り、県警に被害届を出していた。

 同保育所を巡っては、市は昨年5、6月に行った臨時監査で、園児に「ばか、のろま」などと発言したり、近付いてきた園児を足で払いのけたりするなど、今回の元主任保育士に「虐待に当たると疑われる行為」があったと指摘。市は昨年6月19日付で、同保育所を経営する法人に対し、文書で改善指導を行った。

無断転載・複製を禁じます
1555305 0 社会 2020/10/17 05:00:00 2020/10/17 22:02:48 2020/10/17 22:02:48

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ