感染者の卒業写真がSNSに・集合住宅に「コロナ出た」と貼り紙…市「冷静な行動を」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス感染者らへの差別や偏見、中傷をなくすため、千葉市は「コロナ差別がゼロのまち宣言」を発表した。

 市によると、今年2月~10月上旬に市内で確認された事例は約30件。学校現場では、感染した教員が復職しようとした学校に、「再び教えることは許されない」との電話があったり、感染者の卒業写真がSNSに投稿され、中傷を交えて拡散されたりした。医療従事者を理由とした来店拒否や、感染者が暮らす集合住宅に「コロナが出ました」との貼り紙が掲示されたケースもあった。

 千葉市は宣言で、感染者や医療従事者は「守られるべき存在」と強調。市民に正しい知識に基づく冷静な行動を求め、思いやりの気持ちを忘れないよう訴えている。市ホームページやSNSなどで周知するほか、困った時は「みんなの人権110番」(0570・003・110)などへの相談を勧める。

無断転載・複製を禁じます
1555643 0 社会 2020/10/17 14:18:00 2020/10/17 16:17:11 2020/10/17 16:17:11

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ