千枚田、幻想的に輝く…石川・輪島

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本海に面した急斜面に棚田が広がる石川県輪島市の国名勝「白米しろよね千枚田」で17日夜、田のあぜを照らすイベント「あぜのきらめき」が始まった=写真、細野登撮影=。

 日没に合わせて発光ダイオード(LED)約2万5000個が点灯し、ピンクや緑、金色の光が棚田を幻想的に彩った。来年3月14日まで、日没から約4時間にわたって点灯される。

 茨城県つくば市から友人と観光で訪れた会社員の女性(28)は「色鮮やかでとてもきれい。様々な角度から美しい景色を楽しめた」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1556247 0 社会 2020/10/17 21:18:00 2020/10/17 21:36:21 2020/10/17 21:36:21 LEDの光でライトアップされ幻想的に浮かび上がる「白米千枚田」(17日午後6時9分、石川県輪島市で)=細野登撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201017-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ