ごみの量、際立つ神奈川の「優等生ぶり」…政令市少量ランク上位にずらり

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全国20政令市の市民1人が1日あたりに出すごみの量に関する最新調査で、川崎市が最少、横浜市が2番目に少なかったことがわかった。川崎市のトップは2年連続で、相模原市も5位に入っており、ごみ削減が叫ばれる中、地道な取り組みを続けてきた神奈川勢の優等生ぶりが際立つ結果といえる。(高梨しのぶ)

 環境省がまとめた2018年度のデータによると、川崎市民のごみの排出量は816グラムで、前年度(834グラム)より18グラム減少。前年度3位だった横浜は831グラムと15グラム減らし、同2位だった京都市(838グラム)を追い抜いた。4位は広島市(850グラム)で、相模原市(865グラム)は2年連続で5位。

 川崎市は、人口の急増に合わせてごみが増え続けて回収が追いつかず、1990年度に非常事態宣言を出した。減量やリサイクルの啓発、小学校での分別の出前授業などを始め、同年度に1300グラム超だった排出量は2009年度に1000グラムを割るなど着実に減少した。市減量推進課は「分別意識が浸透したほか、ペーパーレス化が進んだことで紙ごみが減ったからでは」と“連覇”に胸を張った。

 一方、ごみ排出量では川崎市に後れをとった横浜市だが、「リサイクル率」では5位の23・5%と、千葉(33・4%)、新潟(26・3%)、北九州(25・9%)、名古屋(24・0%)の各市に続き、県内で唯一、トップ10入りした。

 横浜市は03年度、「10年度までに01年度比でごみを30%減量」と掲げた取り組み「G30」をスタートした。04、05年度の2年間で約1万回の住民説明会を行って分別を啓発し、05年度に「34%減」を達成。リサイクル率も高まった。

 横浜市の担当者は「黒いゴミ袋に何でもかんでも捨てられていた時期もあり、市民に定着していた捨て方を改善するのは大変だったが、焼却処分にはコストがかかるため、職員も必死で取り組んだ。3割減を達成した成功体験が市民に根付き、“リバウンド”もしていない」と説明する。

 相模原市は「生ごみダイエット」を呼びかける冊子を作成。生ゴミの約8割は水分であることから、水切りを徹底することや、花や野菜栽培に使える堆肥たいひ作りのやり方などを8ページにわたって紹介している。

 ただ、新型コロナによる自粛生活の影響で、今年の排出量は増加しそうだ。自宅の片付けをしたり、食事のテイクアウトを利用したりする人が増え、川崎市では、4月からゴールデンウィーク頃までのごみ収集量は、前年同期比で最大20%増えたという。

 市の担当者は「コロナ禍でごみが増えるのは仕方のないことだが、引き続き分別への協力をお願いしたい」としている。

無断転載・複製を禁じます
1564553 0 社会 2020/10/21 07:58:00 2020/10/21 08:27:24 2020/10/21 08:27:24 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201017-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ