列車80mオーバーラン、バックもできず…運転士「眠気でブレーキ遅れた」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 17日午前6時15分頃、大分県宇佐市東高家のJR日豊線・豊前善光寺駅で、中津発大分行きの普通列車(4両編成)がホームを約80メートル過ぎて停車した。踏切が誤作動するためバックできず、1人が乗車できなかった。乗客30人に降車予定の人はいなかった。JR九州大分支社の発表によると、男性運転士(30歳代)は「眠気でブレーキをかけるタイミングが遅れた」と話しているという。

無断転載・複製を禁じます
1557396 0 社会 2020/10/18 11:47:00 2020/10/18 12:38:16 2020/10/18 12:38:16

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ