横浜中華街で初のコロナ関連倒産…「三國演義」など運営の企業

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 帝国データバンク横浜支店は19日、横浜中華街で飲食店「三國演義」などを運営する「ハッピーケア」(横浜市中区)が自己破産申請の準備に入ったと発表した。運営店舗は、新型コロナの感染拡大により4月から閉店していて、事実上の倒産状態だった。横浜中華街で新型コロナに関連した倒産は初めてという。

 発表によると、同社は2015年1月設立。三國演義ではフカヒレやアワビなど高級食材を使ったコースを安価で提供していた。負債額は調査中。

無断転載・複製を禁じます
1562822 0 社会 2020/10/20 14:31:00 2020/10/20 14:31:00 2020/10/20 14:31:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ