直進可能なのに「右折専用」誤表示、交差点で30人を違反で取り締まり

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 兵庫県内各地の交差点で道路標示の誤表示が見つかった問題で、県警交通規制課はホームページで、誤表示の交差点344か所を公開している。

 今回の問題は、今年7月、加古川市内の交差点で直進可能な車線を「右折専用」と誤って表示したことが判明。県警が、県内4296か所の交差点を調査し、誤表示が相次いで見つかった。

 県警によると、344か所のうち、320か所は、県公安委員会に変更申請し対応。残る24か所は、路面の表示を塗り替えるなどして、今年度中にも改善するという。

 2015年以降、誤表示によって、30人を交通違反で取り締まっていたことから、全員の違反記録を取り消した。

 交通規制課は「多大な迷惑をかけたことを深くおわびする」としている。

無断転載・複製を禁じます
1562249 0 社会 2020/10/20 11:50:00 2020/10/20 12:17:26 2020/10/20 12:17:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ