ALS患者嘱託殺人、別の難病患者の診断書偽造で医師2人追起訴

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 難病の筋萎縮いしゅく性側索硬化症(ALS)の女性患者(当時51歳)に対する嘱託殺人罪で起訴された医師2人について、京都地検は20日、別の難病患者が海外で自殺ほう助を受けるために必要な診断書を偽造したとして、有印公文書偽造罪で追起訴した。地検は2人の認否を明らかにしていない。

 追起訴されたのは、大久保愉一よしかず(42)(仙台市)、山本直樹(43)(東京都港区)の両被告。起訴状によると、2人は共謀し、昨年9月28日、福岡市で、九州地方に住む20歳代の女性難病患者の病状などを記した英文の診断書2通を国立大学病院名で偽造し、偽名で署名したとされる。

 捜査関係者らによると、この女性は「安楽死」を望む思いをツイッターで発信し、大久保被告と連絡を取り合っていた。診断書は女性の依頼で大久保被告が文案を作成し、山本被告が署名。女性がスイスで自殺ほう助を受けるため、現地の団体に提出するものだった。渡航は実現していないという。

無断転載・複製を禁じます
1563265 0 社会 2020/10/20 16:43:00 2020/10/20 19:09:39 2020/10/20 19:09:39

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ