保護者とのやりとりでも押印廃止を、文科省が通知…萩生田氏「業務効率化・負担軽減に」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 文部科学省は20日、学校が児童・生徒の保護者と連絡をとる際はなるべくデジタルを活用するよう求める通知を全国の教育委員会などに出した。押印廃止などでやりとりを効率化する狙い。同日の閣議後記者会見で萩生田文科相は「可能なところから進めてほしい」と推進を訴えた。

 全国の多くの小中学校では、宿泊体験学習などの行事への参加、進路調査などで、押印を伴う書類を作成し、保護者とやりとりすることが慣例化している。児童が紙を紛失してしまうことも多く、紙を回収して集計する作業の煩雑さは教員にとっても悩みの種だ。

 通知では、できるだけ押印を省略してデジタル化するよう求め、オンライン上で答える仕組みなどを活用し、やりとりを省力化する方法を例示している。

 通知は主に小中学校が対象だが、幼稚園や高校などでも推進するよう促している。萩生田文科相は「学校の業務効率化、保護者の負担軽減、迅速な情報伝達につながる」と強調した。

無断転載・複製を禁じます
1563512 0 社会 2020/10/20 19:22:00 2020/10/20 19:35:01 2020/10/20 19:35:01

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ