元農水次官側、控訴審で「正当防衛」主張…無職長男殺害で1審実刑判決

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自宅にひきこもっていた無職の長男(当時44歳)を刺殺したとして殺人罪に問われ、1審・東京地裁の裁判員裁判で懲役6年の実刑判決を受けた元農林水産次官・熊沢英昭被告(77)の控訴審第1回公判が20日、東京高裁(三浦透裁判長)であった。1審で起訴事実を認めていた被告側は、控訴審で「正当防衛が成立する」として無罪を主張。検察側は控訴棄却を求めた。

 昨年12月の1審判決によると、熊沢被告は同6月1日、東京都練馬区の自宅で長男の首などを包丁で何度も刺し、失血死させた。1審で被告は起訴事実を認め、「長男に『殺すぞ』と言われ、もみ合いになる中で何度も刺した」と説明。弁護側は執行猶予付きの判決を求めたが、判決は、被告が事件前から殺害を念頭に暮らしていたと認定し、「強固な殺意に基づく犯行だ」と述べ、実刑を言い渡していた。

 弁護側はこの日、「1審の認定は誤りだ」と主張。被告は至近距離でファイティングポーズを取った長男から「殺すぞ」と言われたため、「殺される」と直感したとし、「反射的に刺しており、正当防衛にあたる」と訴えた。

 主張を変えた理由については、「1審では、罪の償いを望む被告の意向や裁判の早期終結のため、正当防衛に言及しなかったが、控訴審では、事件の実態に即した判断が示されるべきだと考えた」と説明した。

 熊沢被告は1審判決後に保釈され、スーツ姿で出廷。12月15日の次回公判では被告人質問が行われる。

無断転載・複製を禁じます
1563558 0 社会 2020/10/20 20:00:00 2020/10/20 23:25:25 2020/10/20 23:25:25

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ