読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

魅力度最下位で栃木知事「ものいう権利ある」、調査会社に直談判したら…

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 民間調査会社「ブランド総合研究所」(東京都)が実施する都道府県「魅力度ランキング」で今年、栃木県が初の最下位になったことを受けて福田知事は21日、同社で申し入れを行った。

 申し入れ書では、地域ブランド調査84項目の一つである「魅力度」の順位が総合的な評価と誤解されていると指摘し、総合的な評価項目の創設を求めた。また、調査対象者に各都道府県の主要な基礎情報を提供することと、より精度の高い調査となるようサンプル数を増やすことも申し入れた。

 申し入れ後、福田知事は報道陣の取材に、「今までも(申し入れた)3項目については疑問を抱きながら調査結果を受け止めてきたが、いよいよ47位。今回はものをいう権利がある」と説明した。3項目のうち、調査会社からは、サンプル数を増やすことについては前向きな回答をもらったという。

無断転載・複製を禁じます
1567183 0 社会 2020/10/22 07:37:00 2020/10/22 11:05:08 2020/10/22 11:05:08

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)